上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ClearTypeはWindows XP以降のOSに採用されているフォントのアンチエイリアシングです。XP以降のOSを使用している方のほとんどがClearTypeをONにしているんじゃないでしょうか。

ClearTypeは英文フォントに対して特に効果を発揮してくれるので、ClearTypeを利用しているとついつい英文フォントを使いたくなったりするのですが、ClearTypeが使える環境での表示に慣れてしまい、その環境でフォントやフォントサイズを選んでしまうと、ClearTypeが利用していない環境では「あれ…なんかフォントかっこわるい…」ということがあったりします。

一応、ClearTypeのON/OFFは設定で変更できるのですが、毎回そんなことをして表示を確かめるのもめんどくさい!

というわけで、この際ClearTypeがON/OFFでの表示の違いをまとめ、参照しやすいようにしてみよう思います。ただ、何だかんだいって面倒なので、調べるフォントは私がよく使う以下のフォントに限定しておきます。
・Arial
・Verdana
・Trebuchet MS
・Lucida Sans Unicode
・Century Gothic
スポンサーサイト



Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。