上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ お手伝い
知り合いに個人塾を経営している方がいらっしゃるのですが、その個人塾のウェブサイトを作ることになりそうです。とっても尊敬している方なので、かなり気合い入れて作ろうと思ってますが、ちゃんとできるかな~。テンプレートとは違って画像とか色々いじることになりそうなので、そっちのほうも勉強しなきゃ!

■ 最近の共有テンプレート。
「ポカポカ色」さんの素材使ったのが多いですね。
昔から素材を配布している方としては有名ですが、なんだか有名になりすぎてしまった感は否めません。
有名どころの素材屋さんの、一番手に入れにくい付加価値は「人に知られていない」というものではないでしょうか。有名になればなるほど、大衆化して誰もが知っているようなものになってしまうので、意外性というか、興味を引かれることは無くなってしまうとおもうんです。
ファッションだってそうですよね。他の人と同じ服を着たくない!と思うからこそ、いろんなメーカーやブランドが出来るわけで。

あと、ロイヤリティフリーの素材集を買ったりすると、意外と街のポスターで見たことある写真が収録されていたりして、以降そのポスターを見ると全くといっていいほど魅力を感じなくなります。物好きな方はやってみてください。

■ ざっし
最近新しい雑誌を読み始めました。「+DESIGNING」という雑誌。
これを出している会社は「Web Designing」というWeb制作関連の雑誌もだしているんですが、そっちは「オシャレさんによるオシャレさんによるオシャレさんのための雑誌」みたいな雰囲気と、FlashやPhotoshopが無いと何も出来ないような内容(Web制作業界ではそれらを持っているのが常識なんでしょうけど)が嫌で敬遠してたんですね。
一方「+DESIGNING」のほうは印刷物がメインになるのですが、デザイン全般の知識が身につけられそうというのと、何よりも専門外のことなので新鮮で面白い。
コレを読んでから、雑誌やポスターを見る目が変わりました。
デザイナーって、すごいなぁ。

■ 「共有テンプレートが多言語版にも拡大!」って。
…もしかして、いままで多言語変数使ってたのって意味なかったのですか。骨折り損っ!

ちなみに、今のところうちのテンプレート類はアダルトも日本語以外の言語でも利用おっけーということにしてます。というかCreativeCommonsで配布している以上、そういった制限をしちゃいけないみたいなんで。
でも、多言語に拡大することによって、CreativeCommonsで配布する利点がちょっと増えましたね。それは、すでに他言語用に利用条件が文章として用意されている、ということ。
利用規約とかって個人が考える以上、細かいところで抜け道があったり矛盾があったり、使っている用語の定義をきちんとしていなかったりで、結局は利用者が「空気を読む」ことが必要になってくるのですが、そういうのが出来るのは母国語が日本語な方々だけなんじゃないかなと思うのです。
その点、CreativeCommonsはいろんな人が利用することを考えて、矛盾や解釈の違いが生じないように色々とねられていると思うので、配布する側としてはとっても楽ちん。

あ、でもサポートは日本語でしかできませんので、英語やその他言語で書き込みあったらどうしよう。英作文とか超苦手。


■ たくさん書いたけれど
これって、やらなきゃいけないことからの現実逃避なんです!
スポンサーサイト



Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。