上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対象テンプレートは
・ Day-out
・ Aquaria
・ bird-call
・ herba
です。
バージョンごとに編集方法が異なりますので、バージョンをご確認の上、編集を行ってください。

【2015年12月16日更新】

1. 編集箇所を探す


「HTMLの編集」から、以下の部分を探してください。
</head>

2.バージョンに合わせてベースHTMLを追加


この直前に、バージョンに合わせて次の記述を追加してください。

・ Day-out ver.2.2以上
・ Aquaria ver.1.1以上
  <script type="text/javascript">
var imglist = new Array(
"画像のurl@1",
"画像のurl@2" );
var selectnum = Math.floor((Math.random() * 100)) % imglist.length;
var output = '<style>#HeaderInner { background-image : url("' + imglist[selectnum] + '"); }<\/style>';
document.write(output);
</script>


・ Day-out ver2.11以下
・ Aquaria ver1.0
・ bird-call
・ herba
  <script type="text/javascript">
var imglist = new Array(
"画像のurl@1",
"画像のurl@2" );
var selectnum = Math.floor((Math.random() * 100)) % imglist.length;
var output = '<style>.header-container { background-image : url("' + imglist[selectnum] + '"); }<\/style>';
document.write(output);
</script>


3.画像ファイルの設定


画像のurl@1画像のurl@2という部分には使用したい画像のurlを入れます。使用したい画像が3個以上ある場合は、画像のurl@1の方の行をコピー・ペーストで増やしてください。このスクリプトでは画像は100個まで使用可能です。

4.注意

  • javascriptを使わないように設定されている環境で閲覧した場合はランダムにならず、スタイルシートで設定されている画像が表示されます。
    ※スタイルシートで設定できる画像は一枚のみです。
  • 画像差し替え時の注意」もご確認ください。
スポンサーサイト



Recent Entries

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。